虚弱体質の子供用の漢方薬、夜泣きや夜尿症などの症状に効果を発揮します。

有効成分として芍薬や桂皮、生姜や甘草が配合されているため、西洋薬が苦手な方にオススメですよ。

5歳未満のお子さんは服用できませんが、1日3回で保護者の指導監督のもと5歳から6歳までは1回1錠から2錠、7歳から13歳までは2錠から4錠を、食前1時間前に温かいお湯で服用して使用しましょう。

子供用ではありますが、血色が悪くて寝汗や動悸を伴う慢性胃腸炎や神経痛、疲労倦怠や腹痛などにも効果が期待できますので、大人も1回量4錠から8錠で服用する事ができますよ。

副作用として皮膚に赤みや痒みなどの症状が出る事がありますので、気になる方は医師に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る