貧血や疲労困憊などの症状に効果を発揮する漢方薬で、錠剤タイプですから服用しやすいですよ。

有効成分として黄耆と桂皮、芍薬と地黄、当帰と人参、川芎と白朮、茯苓と甘草という10種類の生薬が配合されていて、体力低下や食欲不振、疲労困憊や貧血などの症状を和らげる効果が期待できるのです。

1日3回、食前か食間にぬるま湯で服用しますが、年齢ごとに1回量が異なっているため注意が必要ですし、5歳未満のお子さんは服用できませんので気をつけましょう。

妊婦さんや胃腸の弱い人は服用する前に医師に相談しましょう。

もし消化器や皮膚に副作用が現れた場合や1ヶ月服用しても症状が改善しなかった場合には服用を中止して、医師に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る