よくある解熱鎮痛剤に使用されている成分が多数配合されていたり、漢方薬の処方で用いられている生薬のエキスも含まれていますので、肩こり腰痛などの色々な痛みの症状に良く効く薬ですよ。

解熱や痛みを和らげる効果があるセトアミノフェンやエテンザミド、その働きを補助する無水カフェイン、漢方で使われる甘草と芍薬は、炎症を抑えたり鎮痛効果が期待できます。

頭痛や筋肉痛、神経痛や関節痛、月経痛や歯痛、骨折痛や腰痛などの痛みを鎮痛させる効果や、発熱の解熱効果もありますので、常備薬としてもオススメですよ。

11歳未満のお子様は服用できませんが、15歳以上は1回3錠、11歳から15歳は1回2錠を1日2回まで空腹時を避けて服用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る