胃腸の働きをよくして体力を回復させ、元気を取り戻すお手伝いをしてくれます。体の疲れ、食欲不振、胃弱、夏やせなど体力が弱っているとき等に飲みます。近年ではアトピー性皮膚炎にも効果があることが報告されました。

病院でもよくもちいれられる代表的な漢方薬の1つで、補中益気湯の“中”は胃腸を意味し、「補中」とは中を補う、胃腸を丈夫にするという意味をもっています。益気は気を益す、元気をだすという意味です。

アトピー性皮膚炎に対する有効性は6ヶ月間に登録された397例を対象者として、調査がおこなわれ、24週間の補中益気湯の服用により、皮疹と外用剤使用量の総合評価において、維持以上の効果が期待でき、警戒すると診察されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る