こちらの湿布、超薄型で衣類にからみつきにくく、しかも膏体がスミまでついているため、肌に密着してはがれにくいシップ剤となっています。

この湿布、肩こりや腰痛、筋肉痛、関節痛、打撲、捻挫、骨折痛、しもやけ等の症状に対して効果を発揮し、痛みや疲労を改善させてくれるのです。

この湿布の使い方は、そのままか適当な大きさに切って表面のフィルムをはがし、1日1~2回患部に貼ることをするだけなのです。
しかし、使用する際に注意すべきことがあり、粘膜に貼らないこと、傷口に貼らないことは必要だそうです。そして、使用してから患部に発疹やかゆみの症状が現れた場合、使用をやめ、医師や薬剤師に相談しましょう。

湿布1つで、痛みを止められるのはとても便利ですので、使い方には気をつけましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る