現代人に多いデジアイ症候群、それはブルーライトを多く発するデジタル機器を使うことによる目の疲れのことを指します。デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究し、その眼精疲労の対策として詰め込んだ一滴がロート目薬のデジアイなのです。

ピント調節筋に作用し凝り固まった疲れをほぐすネオスチグミンメチル硫酸塩を配合しており、さらに角膜のエネルギー代謝を促進し修復を促す活性型ビタミンB2も配合していますよ。
この目薬の代表である、黄色の一滴はビタミンは光に対して分解しやすい不安定な成分でしたが、ロート製薬が培った配合技術によって、一般用眼科用薬承認基準内の最大濃度まで配合することに成功し、濃い黄色の液にはロートの思いが詰まっているそうですよ。

この目薬は、1回1−2滴、1日5−6回点眼しましょう。そこまでしみないようですので、目薬が苦手な方でもきちんと指し続けられることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る